menu

NEWS
新着情報

当館から車で約50分。
日本初のアルパカのみを扱う牧場として
「もふもふ」ファンに人気の、那須アルパカ牧場。

11万㎡の広大な敷地の中、飼育ゾーンとなっている
約2万5千㎡には現在、300頭ものアルパカたちが
のんびりと暮らしています。

那須連山を望む風光明媚な敷地内には、
実際にアルパカの子供とお散歩や記念撮影を楽しんだり、
エサ(200円)をあげたりできるふれあいコーナーも充実。
アルパカたちのゆる~い姿は
思わず見ているこちらが脱力する微笑ましい光景です。

アルパカは本来、南米アンデス地方の
標高3,000m以上の高地に住むラクダ科の草食動物。
日本での牧場の開園にあたっては、
国内でアンデスの高地に似た環境が吟味され、
都心に近く、冬の気温がマイナス5度から
マイナス15度程にもなるこの地が選定!
1999年に飛行機をチャーターして
200頭ものアルパカが空輸で運ばれました。

場内では白色のアルパカをはじめ、ベージュや茶、
黒など、さまざまな色合いの個性豊かなアルパカがお迎え。
お土産コーナーではアルパカの顔写真入りの
毛玉チャームなど、牧場ならではのお土産も人気です。

ちなみに「もふもふ」の姿が
最高潮になるのは毛刈り前の初夏の頃。

寒さの大好きなこれからの季節のアルパカは
食欲も旺盛で元気いっぱい!
本来、アルパカは臆病な動物なものの、
愛情豊かに育てられたここのアルパカたちは、
その人懐っこさでも愛されています。

キュートな表情とその仕草に
見ているこちらもほっこり笑顔になる冬のアルパカに
ぜひ、会いに行ってみてください!

 

画像参照:那須アルパカ牧場Facebook
(https://www.facebook.com/nasualpacafarm/)

画像参照:とちぎ旅ネット
(https://www.tochigiji.or.jp/)

 

▽那須アルパカ牧場
https://nasubigfarm.com/index.shtml